乳首の黒ずみ原因と黒ずみケア解消方法

乳首の黒ずみの原因は何か

乳首の黒ずみにコンプレックスを抱く方は結構多いです。乳首の黒ずみの原因は、加齢や妊娠・出産・授乳によるホルモンバランスの変化や摩擦や生まれつきなどにありますが、それらの根本的な原因はすべて「メラニン色素」にあります。加齢の場合は、年齢を重ねるごとに肌のターンオーバーが遅くなると、老廃物を正常に排出できなくなります。すると、古い角質やメラニン色素が蓄積されていくので、肌は黒ずんでいきます。次に、妊娠・出産によるホルモンバランスの変化の場合は、妊娠4週目辺りから徐々に女性ホルモンの分泌が増えていき、妊娠20週目頃から急激に増加します。すると、女性ホルモンがメラニン色素の色素細胞を刺激するので、色素沈着が起こりやすくなります。授乳の際も、肌を保護する働きを持つメラニン色素が、授乳に備えて増加するため黒ずんでいくのです。摩擦の場合は、衣服と乳首が摩擦を起こした時に、その摩擦から皮膚を守ろうとして、メラニン色素を過剰に生成しています。そして、生まれつきとは、生まれつき肌が白い人がいれば、生まれつき肌が黒い人がいるように、乳首も生まれつきピンクの人がいれば黒っぽい人もいるということです。しかし、これも生まれつきメラニン色素の量が多いということを意味しています。このように、乳首の黒ずみには様々な原因がありますが、どれもすべてメラニン色素が深く関わっているのです。

シリコンパッドを使って乳首の黒ずみをとる方法

女性にとって、色が薄いピンク色の乳首になりたいという人は非常に多いことでしょう。若いうちはあまり意識していなくても、胸も乳首も綺麗なのですが、年齢を重ねるに従い少しずつ黒くなってしまいます。そしてもう一つ見逃してはいけないことがあります。それは、乳首は摩擦によっても黒くなってしまうということです。普段のセルフケアを怠っていると、少しずつそして確実に乳首の色は黒くなっていってしまいます。年齢を若返らせることはできませんが。少しでも乳首の黒ずみをとる方法と、乳首が黒くなっていくことを遅らせる方法があります。その方法は、ブラジャーをしていない時、例えば家でくつろいでいる時や就寝中に乳首が衣服などと擦れて、摩擦が起きないようにする為に、シリコンパッドを乳首に着けて生活するのです。これを着けていると、シリコンパッドに守られて就寝中などに、乳首が衣服などと干渉することはありません。すでに乳首がある程度黒くなってしまったという人でも、これを着けていると、数か月後には若干乳首の色を薄くすることも期待できます。女性にとって大切な体を若く保っておくには、日々の小さな努力を重ねていくことが、最も重要なのです。

 

乳首が黒くて悩んでいる方は⇒乳首の黒ずみ