30代からでもOK!ムダ毛処理をスタートする際の注意点

ムダ毛の自己処理に限界を感じて脱毛をやってみたい、30代になってからそう感じている人も多いと思います。でも脱毛なんて20代の女の子がやるもので、30代からスタートするなんて遅すぎるのでは、と考えている人もいると思います。実際には幅広い年齢の女の人が脱毛の施術をやっており、30代から始めたという人もとても多くいます。そのため今回は30代から脱毛をスタートしたい人に勧める理由や失敗しない脱毛サロンの探し方などについてご紹介したいと思います。

30代の肌や身体の毛の特質とは

若き日には肌にハリがあるので、多少毛穴が目立ったとしてもそれほど気にならないですが、30代頃からは肌がたるみ始め、その分毛穴が/目立ってしまいます。剃刀で自分で処理すると、毛穴がポツポツと目立ってしまうので肌を露出したくない、という方も多いと思います。20代のころはどうにか自分での処理で誤魔化せたものの、なかなか思ったようにはいかなくなってくるのが30代以降でしょう。
さらに女性ホルモンは20代でピークとなって、そのあとはどんどん少なくなっていって50代くらいになると男性ホルモンの方が優位になります。身体の毛は男性ホルモンの量が強く関係していて、男性ホルモンの量が増えると身体の毛も濃くなっていきます。このようなことから女の人でも、女性ホルモンが減少し始める30代ぐらいからちょっとずつ腕やあしの体毛が目立ち始めるという方がたくさんいるようです。
そのような30代の肌と身体の毛の特徴を考えると、30代からの脱毛は決して遅いわけではく、むしろスタートするタイミングだと思います。

30代は遅いの?脱毛をしている女の人の年齢層について

脱毛を受けているユーザーというと、かなりの人が20代の女性をイメージするかもしれません。事実だいぶ前は、社会人デビューと同じ時期に脱毛を始める人が大勢いました。今でも20代女性が極めて多くの比率を占めていますが、脱毛が一般的になり様々な年代の利用者が多くなるで、その割合はだんだん減ってきています。その一方で増加しているのが30代や40代の利用者です。大きな理由として考えられることは、20代の女の人よりもお金の面でゆとりがあることが挙げられます。30代から脱毛をスタートすることは、全く遅くないと思います。
さらにここのところでは、10代から脱毛をスタートするという女の人や、50代で脱毛を始めるという女の人も増加しています。わき脱毛などはリーズナブルな脱毛サロンだと数100円や数1000円という脱毛サロンもあることが、低年齢化になっている大きな理由と言えるでしょう。10代の場合には両親の同意が必須になります。一方で50代からの利用者も増えています。脱毛の施術に年齢の上限はないのですが、白髪の脱毛は対応できないということ、更年期障害の治療を受けている場合には施術を受けられないなど、施術が不可とされるケースもあります。

失敗しない脱毛サロンや医療クリニックの選び方

脱毛エステやクリニック選びで後悔しないための要点は、まずその脱毛サロンやクリニックがどこの場所にあるかということになります。脱毛は期間が長い場合だと数年、短期間でも数ヶ月は行く事になるので、職場やマイホームの近所にあるなど日常の生活で移動するエリア内にあることが大切です。通うのが困難な場所だと、通うのが面倒臭くになると思います。
さらに、数多くの脱毛エステやクリニックが行っている無料カウンセリングを上手に使いましょう。そのときには、脱毛エステや医療クリニックの雰囲気をチェックすることが重要です。何度も通うことになるので、施術室はもちろんのこと、パウダールームや受付がきれいで自分の好みのムードである場所を選ぶことが大切です。スタッフの接客態度が丁寧で感じがよいかどうか、自分と心持ちが合いそうかどうか、ということも重要なポイントと言えるでしょう。とりわけ全身脱毛のケースは期間もかかりますから、妊娠や出産の場合にはどのような対応してもらえるのか、ということは事前に聞いておいた方がよいでしょう。そして施術の後にはアフターサービスがきちんとできているかどうかも見極めるのがお勧めです。大手サロンやクリニックでは保湿クリームを塗布してくれることが多いです。コスパよりもサービスの質を重視した人が、失敗したと感じることは少ないでしょう。

脱毛前に必要なケアとは

脱毛の施術前のケアとして、大勢の人が間違っているのは毛抜きを使って自己処理をしようとすることです。施術時には肌を露出することになるため、思わず毛抜きでツルツルにした状態にしておきたくなるでしょう。けれど施術がレーザー脱毛の時、レーザーは黒色に反応するようになっているのです。そのため毛抜きで毛を抜いてしまうと、施術の作用がなくなってしまうのです。脱毛すると決断した段階で、毛抜きによる自己処理はしないようにした方がよいでしょう。それでは、どのようにケアをすればよいかというと、推奨するのは電動シェーバーで自己処理しておくことです。かみそりでも良いのですが、肌を傷つけやすいので電動シェーバーの方がお勧めです。施術の際に1~2ミリの無駄毛が伸びている状態が一番効力が現れると言われています。逆に一切処理をしなくて無駄毛が長すぎるのも脱毛の効き目が出ません。5mm以上の時では、施術を受けられない例もあります。また、自分で処理する時のタイミングは、施術の3日前までが適切と言われていますので、2日前や前日にはお手入れはしないようにしましょう。