乳首の黒ずみにピーリングは効果ある?

乳首の黒ずみをどうにかしたいと考えている方の中にピーリングをしようとする方がいます。確かにピーリングは古い角質を取り除くことができる簡単な方法です。そして乳首の黒ずみはターンオーバーの低下とそれによるメラニンの沈着です。刺激に弱い状態の肌は保湿力がなく、肌再生が促されません。そのため古い角質が蓄積し、刺激によって生じたメラニンも同様に蓄積するためくすんだような色になってしまうのです。そのためピーリングで古い角質を取り除くと、黒ずみは改善されます。しかしだからと言ってやりすぎは良くありません。ただでさえ黒ずんでいる肌は敏感な状態になっています。そんな時に刺激の強いピーリングを繰り返してしまうと、肌荒れを起こしたり、黒ずみが更に強くなる場合があります。そのため一度ピーリングをしたら、しっかりと保湿ケアをして、次のピーリングまで間を空けなければいけません。
このように乳首の黒ずみにピーリングは有効ですが、使用するタイミングには注意が必要です。早く綺麗にしたいからと焦って続けて行ってしまうと、改善するどころか逆に黒ずみが悪化してしまう可能性があります。また、行った後の保湿ケアもきちんとしなければいけません。